湯あみ着ワンピース

湯あみ着チューブトップブラ&ショートパンツ

男性用湯あみ着3タイプ

お問い合わせフォームボタン
お問い合わせフォームボタン

『旅館救済』未来の温泉旅行のために


 

中国武漢市発祥の新型コロナウィルス感染拡大に伴い、日本のほとんどの宿泊施設や観光施設が経営危機という窮地にあります。

 

今までは当たり前に宿泊していた旅館が廃業になったり、大好きな温泉に入れなくなってしまったり。

こんな時だからこそ、自分の好きな温泉を応援しませんか?

 

現在は様々な応援サイトが立ち上がっています。

一部をまとめましたので、ご参考いただき、是非窮地に陥っている旅館を応援しませんか?

 

※各説明文は、各公式サイトより引用しています。

 

種プロジェクト

 

『旅館サポーター制度』~将来の宿泊に、いま支払う~

 

武漢発の新型コロナウィルスの影響で、日本のほとんどの宿泊施設が大量キャンセル、新規の予約は激減という窮地にあります。

将来の宿泊のために、いま支払いませんか?これは自分の好きな旅館のサポーターになり、将来の宿泊料金の一部を前払いする制度です。そこで働くみなさんにささやかながら安心を届けられるかもしれません。「必ず泊まりに行きますよ。」の応援メッセージとともに、お金以上のものを届けましょう。

 

種プロジェクト公式ホームページ

 

#応援させてプロジェクト

 

ファンの想いをここに全部まとめていきますねサイト

 

武漢発の新型コロナウィルスの影響で、日本のほとんどの宿泊施設が大量キャンセル、新規の予約は激減という窮地にあります。

将来の宿泊のために、いま支払いませんか?これは自分の好きな旅館のサポーターになり、将来の宿泊料金の一部を前払いする制度です。そこで働くみなさんにささやかながら安心を届けられるかもしれません。「必ず泊まりに行きますよ。」の応援メッセージとともに、お金以上のものを届けましょう。

 

#応援させてプロジェクト公式ホームページ

 

さき宿

 

想い出と文化を守ろう~さき宿~

 

今は行きたくても行けないお気に入りの、そしていつか行ってみたかった憧れの旅館の皆さんに、”さき宿”を使って、全国のお宿のご支援のご協力をお願い致します。

非常事態宣言により、Stay homeが余儀なくされる中、全国各地の素敵なお宿の皆さんが現在、危機を迎えております。

そこで”さき宿”では、5月1日より、いつか楽しい旅ができるように、そして皆さんを笑顔でお迎えできるその日まで、【 いま 】 から少しでも応援していただけるよう、”さき宿”を利⽤したサービスの提供を開始いたします。

宿のページでは、未来の宿泊や、お土産品の購入でお使いいただけるご利用券や、宿と地場産物のオリジナル商品などご用意して頂きました。ぜひご覧ください。(一次産業へのご支援にもつながります)

 

さき宿公式ホームページ

 

未来に泊まれる宿泊券『CHILLNN』

 

安心な世界で旅に出ようぜ

 

CHILLNNは街の空気感や、その宿が生まれた背景、

そして旅人たちの物語を語っていくための 宿泊予約のD2Cプラットフォームです。

しかし、今や「安心してホテルに遊びに来て下さい」とは言えない時代。

そこで、 「未来の旅行を買ってもらえる」ホテルチケットの販売に特化したECサービスを立ち上げました。

ぜひ、ホテルの魅力ととももに、未来の体験を販売してください。

 

CHILLNN公式ホームページ

 

オンライン寸志箱プロジェクト

 

あなたの温泉愛♨温泉のある未来のために

 

「いつかまた、あの湯へ浸かりに行こう。」

そんな思いも届かぬまま、消えていく温泉があるのは、とても悲しいです。

「温泉に行かなくても、温泉を支援することができないだろうか?」

思い浮かんだのは、いつか訪れた公衆浴場の入り口にある、“寸志箱”でした。

温泉を管理してくれる人への“寸志”を集めるこの箱が、オンライン化され、支援を必要とする温泉施設の為に、全国からの寄付を集める窓口となったら。

こうして生まれたのが、「オンライン寸志箱プロジェクト」です。

温泉に行けない分、オーバーフローした温泉愛を、「オンライン寸志箱」へ。

全国の温泉施設に温泉愛がかけ流されれば、もっと嬉しいニュースが湧いて出るはず。

繋ごう未来へ!温泉は有限、想いは無限!

さあ、私たちと、温泉のある未来へ。

 

オンライン寸志箱公式ホームページ

 

#SaveTheTourism

 

季節とともに移り変わる景色、旬を感じるおいしい食事。囲まれた海や山の起伏によって楽しめるさまざまなアクティビティ。旅を通じて得られるかけがえのない体験は旅の数だけあります。

そんな旅の素晴らしさを #savethetourism を合言葉にして共有したいのです。私たちはコロナショックが終息し、社会的な不安が払拭されたそのときに、たくさんの人々が旅に出て、ホテルや旅館に泊まってもらいたいのです。みんなが泊まり、みんなで支える。

 

#savethetourism公式ホームページ