湯あみ着ワンピース

湯あみ着チューブトップブラ&ショートパンツ

男性用湯あみ着3タイプ

お問い合わせフォームボタン
お問い合わせフォームボタン

③温泉観光実践士養成講座in登別温泉が終了いたしました


温泉観光実践士協会 2日目

 

2日目の講義が始まります。

一部、お酒の匂いもいたしますが・・・、定刻通りの開始となります。

  

PRする花山温泉と紀州温泉修験道のみなさま

 

はじめに、次回「第18回温泉観光実践士養成講座」の会場である、和歌山県花山温泉のマネージャー、西口正敏様より、次回開催概要のご案内をいただきます。

 

次回は2018年7月7日(土)~8日(日)に開催されます。

 

和歌山県花山温泉ホームページ

 

第18回温泉観光実践士養成講座について


 

そしていよいよ2日目の講義がはじまります。

 

トップバッターは地元登別から、登別郷土文化研究会 副会長、街道重昭先生による「登別の温泉とアイヌ語地名について」です。

 

登別にある、川又温泉、カルルス温泉、登別温泉を、アイヌ語の意味から紐解く歴史や江戸時代、本州から渡ってきた和人が残した文献などから、旅行者の目、定住者の目、双方から見た登別について考える貴重な時間でした。

 

 

登別郷土文化研究会 副会長、街道重昭先生


湯元オロフレ荘 代表取締役、日野安信先生

 

続きまして、登別市の名湯カルルス温泉から、湯元オロフレ荘 代表取締役、日野安信先生による「登別温泉の紹介」です。

 

登別温泉の水源、松浦武四郎が登別温泉に立ち寄った時の情景、かつての駅逓、登別温泉軌道、バス転換、第一滝本館の歴史など、昔の写真や資料から解説いただき、現在の祭り、イベント、テーマパークなど、観光情報までご案内いただきました。

 


 

本セミナーでは、休憩時間を利用して、各温泉地、温泉関連団体のPRタイムを設けております。

 

今回、PRタイムを利用した団体は、地元登別温泉はもちろん、ニセコ温泉部、別府八湯温泉道名人会(大分県)など。

 

その中でも、東京よりお越しの「東大温泉サークルOKR(おける)」の取り組み紹介もあり、若い世代にも温泉が浸透しているのは嬉しい事です。

これを機会に、各大学の温泉サークル同士の横のつながりも生まれてくれると良いですね。

 

東大温泉サークルOKR(おける)の取り組み紹介


開拓ふくろふ乃湯 代表、髙野紀康先生

 

お昼休憩を挟んで次の講義は、当別町にある開拓ふくろふ乃湯 代表、髙野紀康先生による「日帰り入浴施設の現場から」です。

 

髙野先生は当別町の施設を一人で切り盛りされている、まさに現代の湯守。お湯の鮮度にこだわり、冷鉱泉ながらも全浴槽の源泉かけ流し(加温)にこだわり、常に良質の温泉をお客様に提供しています。

 

その計り知れない苦労を、包み隠さずお話しいただきました。


 

そして、いよいよ最後の講義です。

「温泉と旅行企画」と題し、温泉観光実践士協会副会長、江戸川大学 社会学部教授、崎本武志先生の講義です。

 

業界の裏話や、旅行に役立つ「道産子度チェック」など、笑いもある楽しい講義をいただきました。

 

 

崎本先生の講義が終わると、いよいよ認定式です。

江戸川大学 社会学部教授、崎本武志先生


認定証授与式の様子

 

認定式では、133名の受講者に温泉観光実践士認定証が授与されます。

受講者から3名を代表者に指名させていただき、ステージにて崎本副会長より授与されました。

 

代表者は

・札幌からお越しで本講座申し込み第一号かた

・関西からお越しの全17回連続参加のかた

・東京からお越しで、温泉観光実践士累計認定者1,300番目のかた

 

以上、3名様に代表として認定証が授与されます。


 

おかげさまで、第17回温泉観光実践士養成講座では、133名のご参加者に認定証をお渡しし、全17回の累計認定者数は1,336名となりました。

 

今後も温泉観光実践士養成講座を、和歌山(2018/7/7~8)、東京(2018/11/24~25)、別府(2019/2月予定)にて開催いたします。

次回の募集要項は、温泉観光実践士協会公式ブログ温泉百貨店公式ブログにてご案内いたします。

 

 

たくさんのご参加、誠にありがとうございました。